mit dem Paukenwirbel

ベビースター列伝

ベビースターパンメン チーズ味

新食感「パンメン」4種類のうち、なぜかこれだけ小袋のみでの発売。
それぞれの味を生地に乗せながらも、どこか控えめ感があった他の3種類に比べ、チェダーチーズ味もあってかやや主張が強め?な気もするが、味の乗せ方は同一のようで、のどを通過したあとの印象はやはり薄い。

その袋の雰囲気にも似て、ちょっと大人しいベビースターである。

ベビースターパンメン メープルシナモン味

新食感「パンメン」4種類中、最も「ヤバい」と思われる1種。
恐る恐る口にすると…やはり甘い。でも(かけすぎた)メープルシロップ特有の甘ったるさは感じられず、ギリギリで踏みとどまっている感じ。
サクサクした食感から思い出すのはさながらメープルチュロスだ。

ちなみにシナモンの香りは希薄。

ベビースターパンメン オリーブソルト味

2017年冬に誕生した新食感シリーズ。パン生地を使った軽い食感が特徴。
オリーブソルト味は、その名の通りオリーブオイルの香りとうま味を伴った塩味……ではなかった。
いずれの味も生地には合っているものの、それ以上でも以下でもない……もう一歩突き抜けたものが欲しい。

ベビースターラーメン丸CHOCOLATE

いつものチキン味ラーメン丸をチョコレートでくるんだ品。
バレンタイン時期にも似たような品が出ていたが、通常商品としてはこれが初か。

チョコは一般的なミルクチョコレート。コクが強い甘さからか、単独だと濃いめに感じるラーメン丸のチキン味はやや負けている感じ。濃厚チキンにするとバランスが取れそう。
とはいえ、このバランスは悪くない。すでに辛かったりする別の味も出ているが、甘さと絡み合って広がった、ベビースターの新しい世界に期待したい。

ベビースターラーメン丸 濃厚香ばしチキン味

ラーメン丸にしては珍しい、袋パッケージのプレミアムライン。
封を切った瞬間から香ばしい匂いが食べる者を迎えてくれ、期待感を高めるが、口にするとチキン味はそれほど濃厚ではなく、抑制された中にうま味を充実させた感じ。
白眉はその食感で、口の中でほろほろと崩れていく、上質なクッキーのようなそれは、スナック菓子の範疇を一歩飛び出たもの。味だけでなく、食感で満たしてくれる新世代のベビースターといえる。これに続く商品が続々現れることを期待したい。

ベビースターラーメン 濃厚チーズのチーズ味噌ラーメン味

 とんこつ・チーズ・味噌が織りなす「ハーモニー」を堪能できる一品。
 …とはいっても、とんこつと味噌は区別がつきにくい?
 いずれにしても、うま味のカドをチーズが丸めて、ハッキリかつまろやかな味わいに仕上がった。
 ドデカイラーメンではないのもまた好ましい。

ベビースターラーメン てりやき味

久しぶりの新定番フレーバーとして2016年秋に登場。
ほどよい「あまから感」が絶妙に表現されていて、やみつきになる味。
ただ、中身は案外色が薄く、味と釣り合っていない。イミテーションでも「照り」を付けてあるとなおよかった。

…と、褒めたのはいいのだが、2017年初頭のキャラクター変更の煽りを食って店から姿を消した模様。残念!