mit dem Paukenwirbel

ベビースター列伝

ベビースタードデカイ焼そば いか焼そば味 

 今では珍しくなくなった大盛のカップ麺、そのはしりとも言えるエースコックの「大盛りいか焼そば」。大盛がそのアイデンティティであることを示すかのように、ベビースターになっても大盛サイズである。
 発売当時のペヤングやUFOよりも濃いめのソース味に、ほんのり乗るいか・豚の風味が素晴らしい。ドデカイラーメン形態は舌に味をしっかり乗せてくる利点はあるのだが、食感が焼そばとは大きくかけ離れるのがかえすがえすも残念だ。

ベビースタードデカイラーメン 創味シャンタン味

 中華料理を陰で支えるスープの味。共通の「うまみ」がそこにある。
 その活用としての料理の性格は特に与えられていないため、具がないスープを飲んでいるような感じ。ラーメン丸にでもして、具を足した形で味わうとよかったような。何でもドデカイラーメンにしてしまう悪癖の犠牲者かもしれない。

ベビースターパンメン チーズ味

新食感「パンメン」4種類のうち、なぜかこれだけ小袋のみでの発売。
それぞれの味を生地に乗せながらも、どこか控えめ感があった他の3種類に比べ、チェダーチーズ味もあってかやや主張が強め?な気もするが、味の乗せ方は同一のようで、のどを通過したあとの印象はやはり薄い。

その袋の雰囲気にも似て、ちょっと大人しいベビースターである。

ベビースターパンメン メープルシナモン味

新食感「パンメン」4種類中、最も「ヤバい」と思われる1種。
恐る恐る口にすると…やはり甘い。でも(かけすぎた)メープルシロップ特有の甘ったるさは感じられず、ギリギリで踏みとどまっている感じ。
サクサクした食感から思い出すのはさながらメープルチュロスだ。

ちなみにシナモンの香りは希薄。

ベビースターパンメン オリーブソルト味

2017年冬に誕生した新食感シリーズ。パン生地を使った軽い食感が特徴。
オリーブソルト味は、その名の通りオリーブオイルの香りとうま味を伴った塩味……ではなかった。
いずれの味も生地には合っているものの、それ以上でも以下でもない……もう一歩突き抜けたものが欲しい。

ベビースターラーメン丸CHOCOLATE

いつものチキン味ラーメン丸をチョコレートでくるんだ品。
バレンタイン時期にも似たような品が出ていたが、通常商品としてはこれが初か。

チョコは一般的なミルクチョコレート。コクが強い甘さからか、単独だと濃いめに感じるラーメン丸のチキン味はやや負けている感じ。濃厚チキンにするとバランスが取れそう。
とはいえ、このバランスは悪くない。すでに辛かったりする別の味も出ているが、甘さと絡み合って広がった、ベビースターの新しい世界に期待したい。