mit dem Paukenwirbel

ベビースター列伝

ベビースターラーメン丸 濃厚香ばしチキン味

ラーメン丸にしては珍しい、袋パッケージのプレミアムライン。
封を切った瞬間から香ばしい匂いが食べる者を迎えてくれ、期待感を高めるが、口にするとチキン味はそれほど濃厚ではなく、抑制された中にうま味を充実させた感じ。
白眉はその食感で、口の中でほろほろと崩れていく、上質なクッキーのようなそれは、スナック菓子の範疇を一歩飛び出たもの。味だけでなく、食感で満たしてくれる新世代のベビースターといえる。これに続く商品が続々現れることを期待したい。

ベビースターラーメン 濃厚チーズのチーズ味噌ラーメン味

 とんこつ・チーズ・味噌が織りなす「ハーモニー」を堪能できる一品。
 …とはいっても、とんこつと味噌は区別がつきにくい?
 いずれにしても、うま味のカドをチーズが丸めて、ハッキリかつまろやかな味わいに仕上がった。
 ドデカイラーメンではないのもまた好ましい。

ベビースターラーメン てりやき味

久しぶりの新定番フレーバーとして2016年秋に登場。
ほどよい「あまから感」が絶妙に表現されていて、やみつきになる味。
ただ、中身は案外色が薄く、味と釣り合っていない。イミテーションでも「照り」を付けてあるとなおよかった。

…と、褒めたのはいいのだが、2017年初頭のキャラクター変更の煽りを食って店から姿を消した模様。残念!

ベビースターラーメン おそ松さん ハイブリッドおでん味

「ハイブリッドおでん」とは、TVアニメ「おそ松さん」に登場する架空の食べ物です。

いろいろ能書きはあるものの、関東風のだしがしみこんだおでん味である。
おでんなのでおとなしめの味付けだが、人によってはしょっぱいと感じるかもしれない。
ご多分に漏れず?和風だしは普通のベビースターにはちょっとミスマッチだ。
ドデカイラーメンの方がよかったかも。

ベビースタードラえもんラーメン丸 どこでもしょうゆラーメン味

 ラーメン丸にしては珍しい袋パッケージは、ドラえもんのひみつ道具風。
 ラーメン丸を「携帯ラーメン」と再定義するとなんとも目新しく感じるのがおもしろい。
 幼児ターゲットからか味付けはあっさり目だが、乾燥たまごフレークとのりが入って醤油ラーメンの雰囲気は抜群。
 微かににぼしからとっただしの風味も感じられて、本格的でもある。

ベビースターラーメン チキン味

 原点に返ってベビースターラーメン…というわけではなく、まるで先祖返りしたかのようなカップラーメン版。

 お湯を入れて3分後、まさに食べようとする直前の姿。
 ぶっちゃけ、麺が太いチキンラーメンである。スープの味は麺につけてある。
 といってもただ太いだけでなく、食べる状態でベビースターラーメンとほぼ同じ太さになるというのが巧いが、カップラーメンとしたらいまいち華がない気も。この作り方でみそ味とかあったら結構いいかも。

くいだおれ太郎のベビースター

 れっきとしたベビースターラーメンのひとつではあるが、販売元はおやつカンパニーではなくくいだおれ太郎の太郎フーズである。大阪のおみやげ屋や関空、伊丹空港で販売されている。
 大阪たこ焼き味を標榜するその味は、濃すぎず薄すぎないソースの風味が素晴らしい。380円もする割には量が少ないが、味の満足感は高い。

ベビースターラーメンでつくった駄菓子パック

dsc00610

dsc00748

駄菓子屋の店頭を意識して、5つの味を小袋に詰め合わせた品。

・甘酢いか味……数十本がボトルに入って1本ずつ提供されていたあの味。クセになる酸味が食欲をそそる。普通のベビースターだと粉砕された身を食べているようだ。串に刺されたいかの舌触りを再現するならば、ドデカイラーメンでもよかった気がする。

・ラムネ味……5種類の中で一番やばいと思われる一品。封を切ると独特の香り。間違いなくラムネ。中身はちょっと太めのめんで、青く着色されてヤバさを増している。口にすると、すうどん?のような、味がついていないベビースターの麺にラムネの味がついたような、なんとも言えぬ味、悪くはない気がする。でも見た目で引く人は多いだろうなあ……

・ブタメン……カップラーメンの形態で提供されていた味。数あるベビースターのとんこつ味でも草分け的存在だが、こってりしたドデカイラーメンのとんこつ味が氾濫する今となってはとてもあっさりで食べやすい。余計な捻りがない分。プレーンな味わいだ。

・ソースカツ味…薄くのばしたすり身にパン粉を付けて揚げた、あの駄菓子の味。カレー風味が何だか懐かしいが、やんちゃ坊主のような刺激の強さはなくて、むしろお行儀のよい坊ちゃんのような、上品な仕上がり。それでも、食べ終えると口の中にじんわりとカレーの余韻が残って、駄菓子らしさはしっかり表現している。

・チキン味……おなじみの味。駄菓子屋でよく見かけたのは、ベイちゃんではなく「初代キャラクター」のほうだ。そして、あえて中が見える旧パッケージにしてきたところもまたにくい。ベイちゃんの登場は、品質保持のためにアルミ蒸着フィルムを使用するようになって、中身が見えなくなったのと軌を一にするものでもあった。

ベビースタードデカイラーメン 厳選素材とんこつ味

dsc00709

サークルKサンクスとファミリーマートの合併を記念して発売された、両系列限定商品。
封を切ると、濃厚なとんこつとごまの香りが鼻をつく。
とんこつラーメン味はいくつもあれど、この香りの強さは例が少ない。
反面、口にするとそれほどしつこくなく、控えめですらある。
とんこつ味は粉によって味付けされていて手が汚れるのが常だったが、これも控えめ。
いつもとは違う!と唸らされた。